トップページ > 日本チームのデータベース

日本チームのデータベース

特徴

  • 日本チームで作成した塩基配列のデータは、バイオサイエンスデータベースセンターで審査を受け、その上で登録・公開されます。個人が特定される情報は公開されません。
  • 日本チームが作成した標準エピゲノムデータはIHECにも登録され、IHECデータポータルサイトから利用できます。(IHEC Data Portal
  • Suzuki A, Kawano S, Mituyama T, Suyama M, Kanai Y, Shirahige K, Sasaki H, Tokunaga K, Tsuchihara K, Sugano S, Nakai K, Suzuki Y.
    DBTSS/DBKERO for integrated analysis of transcriptional regulation.
    Nucleic Acids Res. (in press)
    IHECで作成した455種のエピゲノムデータもこのデータベースに取り込まれて利用されています。
    ホームページはこちらです。

Webブラウザ

CREST/IHEC Japan Epigenome Databaseを利用するためのWebブラウザを構築しています。

体制